知っていますか? 金属のリサイクル/鉄のリサイクル

代表取締役の名倉です。

 

前回は、基板や貴金属の精錬方法について記載しました。

 

今回は、の精錬等について記載します。

 

世の中で一番多い金属は、鉄です。次にアルミ・銅・ステンレス等となります。

 

他の主な金属については随時、紹介していきたいと思います。

 

鉄のスクラップは、高炉と電炉でリサイクルされます。高炉は鉄鉱石からの精錬が主ですが、工程内で、鉄スクラップを使います。スクラップ多くは主に電炉メーカーに向けられます。電炉の中にスクラップを入れて、鉄スクラップと電極との間にできた、アークの熱で溶かします。その後、いくつかの精錬工程を経て、コークスやフェロシリコンなどを加えながら、目的の成分に調整して鉄製品にします。

 

最近では、WEB上に精錬工程を動画でUPされている電炉メーカーもあります。興味があれば「鉄 精錬」などで、検索してみて下さい。鉄の精錬工程は壮観です。

 

img_1028270_31708714_0
image-1060

※写真は工業地域のイメージ画像です

 

日本の鉄スクラップの行き先は、国内の電炉メーカーが主ですが、中国や韓国にも多く輸出されています。韓国のPOSCO社は有名ですね。中国もかなり大きな製鉄会社がいくつもあります。

 

鉄も、他のスクラップ同様に輸出向けの価格が高ければ、海外へ流れるため、国内電炉メーカーもその価格に合わせてきます。弊社の鉄の取り扱い量は少ないですが、取り扱う鉄の多くは、国内の電炉メーカー向けに入ります。

 

産業革命以降、「鉄は国家なり」といわれ、鉄の生産量こそが国力につながります。私の記憶では、生産量第1位の地位にのぼりつめたのは国は、イギリス→ドイツ→米国→日本→中国の順で移り変わっています。現在の米国と中国の経済規模の差を考えると、経済力1位の国とは必ずしも一致していませんが、国の経済の勢いと鉄の生産は一致するようですね。

 

 

 

 


メールフォームへ

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

はんだ・クリームはんだ全国買い取り 電子機器製造工場に喜ばれる理由 主な買取商材
ブログの応援をお願いします!
クリックしていただくとポイントが加算されてランキング順位が上がります。
多くの方に弊社のブログを知っていただきたいので下のボタンをクリックしてください!

にほんブログ村 環境ブログ 廃棄物・リサイクルへ
にほんブログ村

Page Top