目標と責任について

(株)ベーシック河原

こんにちは。今回は、目標と責任をテーマに取り上げ、意見を述べた

いと思います。今回このテーマを挙げた理由は身近での相手とのや

り取りの中でこの人、言葉が軽いな・・・と、思える事が多く感じられ

たからです。   事の始まりに、ある人は言いました。

必ずできます。必ずやれます。必ずやります。・・ しかし私は、必ず

やる・・と言って本当にやった人をいまだ知りません。

逆に、ヤンキースのイチローのように、目標は立てるが、達成できる

かどうかはやってみなければわかりません・・と言いながらも達成し

た人は何人か知っています。 人は必ずやる・・と言ったらやらなけ

ればなりません。必ずやる・・と言い切ったら、それはもう実印を押し

たのと同じです。なのに半ば実行途中で目的、目標を変更し、完全

にすり替えなのに、それは修正だと臆面もなくぬけぬけと発言する

始末・・・始まりは必ずできる、と言っていたのにいつの間にかできた

らいいね。に変わってしまった。この方は妥協と譲歩の違いを解って

いるのか・・?と思ってしまった。これを野球に例えるなら、投手が

投げる球をストレートから変化球に変えたのではなく、ボールその

ものを変えてしまった・・ 野球のボールをテニスボールに変えて

しまったのだ。 個人的にはもうこの方の話を聞く事は無いと思う

のでよいのですが、責任ある立場の方でこれほどまでに説得力の

無い方は後にも先にも表れないでしょう。本当に感慨無量でした。

余談ですが、私は昨年度の市の連合子供会の会長職を一年間勤め

させていただきました。どんな組織もそうだと思いますが、トッ

プというのは決断が主な仕事でその責任は重大です。

そしてこの時の経験は責任というものを改めて考えさせられた期間

でした。特に感じた事、それは責任を負うというのは知らない

では通らない、ということです。もし自分の子供が世間様に対し

て何か悪さをしでかしたら、親は知らなかったではすまされない

という事と同じです。本来、責任ある立場の人間の発する言葉は

重いいはず・・。目標も、言った言葉を軽く考えすぎているから

達成できなくても責任をとれないのだ。

目標と責任についての考え方は賛否両論あるでしょうが、責任を

とる覚悟のある人だけが・必ずできる・と言えるのではないかと

思えるのは私だけしょうか・・?

 

 

 

 

 

 


メールフォームへ

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

はんだ・クリームはんだ全国買い取り 電子機器製造工場に喜ばれる理由 主な買取商材
ブログの応援をお願いします!
クリックしていただくとポイントが加算されてランキング順位が上がります。
多くの方に弊社のブログを知っていただきたいので下のボタンをクリックしてください!

にほんブログ村 環境ブログ 廃棄物・リサイクルへ
にほんブログ村

Page Top