再生エネ発電/地熱

 

おはようございます、ベーシック営業・山下です。再生エネ発電といえば”太陽光”というイメージがありますが、現在熱い視線が注がれているのが”地熱発電”だそうです。地下にたまった熱水と蒸気をくみ上げ、噴出する蒸気の力で発電機のタービンを回して発電するのですが、国内には東北を中心に約20の発電所があり出力合計は約52万kwで総発電量に占める割合は0.3%にとどまりますが、太陽光や風力などより気候条件に左右されず、安定した電力供給ができるとのこと。

 

1999年以降、出力千kw以上の地熱発電所の新設は無かったのですが、来年4月には熊本県で2千kwの発電所の運転が始まるそうです。日本の地熱資源の埋蔵量は世界3位で原発23基分に相当するとのこと。今まで地熱発電が振るわなかったのは経済性の低さのためで、出力3万kw以上の大型地熱発電所を開発するには調査用の井戸を一本掘るだけで約5億円かかり、原発のように1基で百万kwの大量発電が難しかったことが一因のようです。しかし、福島第一原発事故を転機に国が固定価格買取制度の対象とし、12年度から調査費用の補助を始め、候補地の8割が集中する国立・国定公園の開発規制を一部緩和するなど環境が整ってきたそうです。経産省では原発より総合的なコストは安いとして、普及に力を入れる考えだそうです。

 

ただ、周囲の温泉事業者の反対で計画が進まないケースもあるとのこと。既存の地熱発電所で周りの温泉の湧出量が減ったり温度低下が出たことは無いとのことですが、懸念は根強いようです。


メールフォームへ

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

はんだ・クリームはんだ全国買い取り 電子機器製造工場に喜ばれる理由 主な買取商材
ブログの応援をお願いします!
クリックしていただくとポイントが加算されてランキング順位が上がります。
多くの方に弊社のブログを知っていただきたいので下のボタンをクリックしてください!

にほんブログ村 環境ブログ 廃棄物・リサイクルへ
にほんブログ村

Page Top