再生エネ発電/風力

 

 

おはようございます、ベーシック営業・山下です。前回、地熱発電について紹介させていただきましたが今回は風力発電です。経産省が主導し商社などが参画する福島県沖の浮体式洋上風力発電が本格稼働したそうです。浮体式というのは、風車を浮体に乗せチェーンで海底に係留する方式で発電した電力は海底ケーブルを通して陸上に送電するとのこと。風車を海底にじかに設置する着床式よりコストはかかるものの、強い風が吹く海域を自由に選べるというメリットがあり、日本にとっては有利な条件が多いそうです。

 

ただ、やはりコスト面で問題があり陸上風力と比較して風車を支える基礎部分や海底ケーブルの設置などにより2倍程度のコストがかかると言われており、浮体式の場合はさらにコストがかさむそうです。経産省では12年7月に始まった再生可能エネルギーの全量買い取り制度において、これまで陸上風力と同じ価格だった洋上風力の価格を新設することを決めています。

 

また、漁業関係者との調整も課題とされており、地域と密接にかかわるためどう共生していくのか問われます。今回の福島の場合は漁業関係者との関係は良好で、”漁業再生のきっかけになってほしい”と考えているそうです。


メールフォームへ

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

はんだ・クリームはんだ全国買い取り 電子機器製造工場に喜ばれる理由 主な買取商材
ブログの応援をお願いします!
クリックしていただくとポイントが加算されてランキング順位が上がります。
多くの方に弊社のブログを知っていただきたいので下のボタンをクリックしてください!

にほんブログ村 環境ブログ 廃棄物・リサイクルへ
にほんブログ村

Page Top