再生エネ発電/静岡県の現状3

 

おはようございます、ベーシック営業・山下です。太陽光発電についての続報です。現在、全国各地の廃棄物処分場の跡地に大規模な太陽光発電所ができています。廃棄物の埋め立てが終わった後も様々な制約があって使いにくい土地なのですが、パネルを並べるだけなら、ということでメガソーラーの適地の1つに数えられているとのこと。

 

浜松市では、東名高速のすぐ北に浜松・浜名湖太陽光発電所が今年7月に稼働しました。それまでは一般廃棄物の処分場でした。埋め立てが終了しても排水の処理など環境保全はきちんとしなければならなく、しかし重い建物は建てられないので、メガソーラーは丁度いい話だったようです。

 

今後もこうした処分場跡地でのメガソーラー建設の計画が全国で何か所かあるそうです。有効活用することはいいことですが、環境への配慮は忘れてはいけないと思います。


メールフォームへ

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

はんだ・クリームはんだ全国買い取り 電子機器製造工場に喜ばれる理由 主な買取商材
ブログの応援をお願いします!
クリックしていただくとポイントが加算されてランキング順位が上がります。
多くの方に弊社のブログを知っていただきたいので下のボタンをクリックしてください!

にほんブログ村 環境ブログ 廃棄物・リサイクルへ
にほんブログ村

Page Top