おはようございます、ベーシック営業・山下です。幕末から明治にかけての重工業発展の歴史を示す”明治日本の産業革命遺産”の来年の世界文化遺産登録を目指し、国連教育科学文化機構(ユネスコ)に韮山反射炉などを政府が正式推薦するそうです。産業革命遺産は、西洋技術を取り入れて重工業が急速に発展し、近代化を遂げた過程を示す一連の産業遺産群で、軍艦島として知られる端島炭鉱(長崎県)など岩手、静岡、山口、福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島の八県の施設で構成されています。

 

稼働中の施設のうち、八幡製鉄所(北九州市)や三池港(大牟田市)は景観法上の”景観重要建造物”などにすでに指定されており、景観法では外観を変更するような改修や増改築には自治体の許可が必要な一方、工場内の設備の補修や更新などは一定程度認められるそうです。

 

今後、施設ごとに保全計画をつくり国や自治体を含めた協議会が保全状況を監視していくとのことです。


メールフォームへ

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

はんだ・クリームはんだ全国買い取り 電子機器製造工場に喜ばれる理由 主な買取商材
ブログの応援をお願いします!
クリックしていただくとポイントが加算されてランキング順位が上がります。
多くの方に弊社のブログを知っていただきたいので下のボタンをクリックしてください!

にほんブログ村 環境ブログ 廃棄物・リサイクルへ
にほんブログ村

Page Top