インドネシア政府が鉱石の輸出を禁止/非鉄金属は高騰するかも

ベーシック代表取締役の名倉です。

 

インドネシア政府は1月12日、国内の加工産業育成などを目的に、ニッケルなど未加工の鉱石の輸出を禁止した。

 

インドネシアは日本のニッケル鉱石輸入量の44%(2012年)を占める最大の輸入先。日本の非鉄大手などは当面、在庫消化や他国からの調達拡大で対応する方針だが、中長期的には調達が厳しくなり、自動車部品の製造などに影響が出る可能性がある模様。

 

これは、インドネシアで採掘された鉱石を国内で加工・精錬することを義務付ける「新鉱物・石炭鉱業法」(09年制定)が12日、施行された。未加工の鉱石輸出を事実上禁止するもので、ボーキサイト、コバルトやスズなども対象です。

 

日本の非鉄金属大手や商社は、規制を見越して今春ごろまでのニッケル鉱石の在庫を確保しているようです。今後はフィリピンなどからの輸入拡大で乗り切る方針との事です。

 

今後、ニッケルを中心に、規制のかかった金属相場は上がる気配がありますね。


メールフォームへ

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

はんだ・クリームはんだ全国買い取り 電子機器製造工場に喜ばれる理由 主な買取商材
ブログの応援をお願いします!
クリックしていただくとポイントが加算されてランキング順位が上がります。
多くの方に弊社のブログを知っていただきたいので下のボタンをクリックしてください!

にほんブログ村 環境ブログ 廃棄物・リサイクルへ
にほんブログ村

Page Top