銅スクラップのあれこれ

銅は電気を通す材料として多く用いられているが、スクラップとしては伸銅品の打ち抜き屑、銅切削屑、ケーブル等の被覆を排除したピカ線、銅の金属部品などがある。回収された銅クラップは、品位形状によって精錬所、電線メーカーや伸銅品メーカー等に向けられ、再溶解され、電気銅、電線、伸銅品の原料として用いられます。

 

銅が多く含まれる合金に真鍮、砲金、リン青銅があります。

 

銅スクラップの価格は、国内電気銅建値を基準に歩留まり(%)をかけあわせ、精錬費用等を差し引きして決定する。また、国内電気銅建値は、ロンドン金属取引所(LME)を基準に決められます。金属の価値は世界でほぼ共通です。

 

■代表的な銅スクラップ

  • ピカ線(光特号銅線、1号銅線屑)
  • 2号銅線(焼銅線屑)
  • 上銅新切れ(打ち抜き新屑)
  • 上銅普通(上故銅、上銅屑)
  • 並銅(並故銅)
  • 込銅(2号銅、鉱山山行銅)
  • 銅削り粉(銅ダライ粉)
  • 下銅
  • メッキタンク(白釜銅、湯沸し銅)

 


メールフォームへ

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

はんだ・クリームはんだ全国買い取り 電子機器製造工場に喜ばれる理由 主な買取商材
ブログの応援をお願いします!
クリックしていただくとポイントが加算されてランキング順位が上がります。
多くの方に弊社のブログを知っていただきたいので下のボタンをクリックしてください!

にほんブログ村 環境ブログ 廃棄物・リサイクルへ
にほんブログ村

Page Top