消費者物価上昇と有効求人倍率14カ月連続で改善

ベーシック代表取締役の名倉です。

 

総務省が2月28日に発表した1月の全国消費者物価指数(CPI、2010年=100)は、価格変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が100.4となり、前年同月比1.3%上昇したとの事です。上昇は8カ月連続のようです。

 

また、厚生労働省が2月28日発表した1月の全国の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0.01ポイント上昇の1.04倍となり、14カ月連続で改善しているとの事です。

 

不透明な経済状況が続き、半年先の景気を読むことさえ難しい日本経済ですが、足元は明るいようです。

 

消費税増税後に景気は一時は失速するかもしれませんが、政府の対策に期待です。


メールフォームへ

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

はんだ・クリームはんだ全国買い取り 電子機器製造工場に喜ばれる理由 主な買取商材
ブログの応援をお願いします!
クリックしていただくとポイントが加算されてランキング順位が上がります。
多くの方に弊社のブログを知っていただきたいので下のボタンをクリックしてください!

にほんブログ村 環境ブログ 廃棄物・リサイクルへ
にほんブログ村

Page Top