シェール革命/問題は?

 

 

 

おはようございます、ベーシック営業・山下です。日本では原発停止で火力発電に大きく比重が移っていますが、その燃料のシェールガスがこのところ注目を集めています。シェールガスとは、頁岩(シェール)層から採取される天然ガスで、従来のガス田ではない場所から生産されるため非在来型天然ガス資源とも呼ばれているそうです。

 

特に、アメリカでは近年大増産が続き、世界最大のガス生産国になっており、17年には日本向けの輸出が始まるそうです。現在日本が輸入している中東産LNGよりも安価になる可能性があり、輸入先が多様化すれば価格交渉も有利になると見られています。

 

ただ、”他の地下資源に比べて温室効果ガスの排出量が少ない”とされてきましたが、近年の研究では二酸化炭素よりも温室効果の高いメタンを主成分とする天然ガスの性質から、石油や石炭よりも温室効果が高いという研究結果が発表されており、また地下水の汚染や誘発地震の可能性も指摘されていて、環境破壊への影響が問題視されているそうです。


メールフォームへ

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

はんだ・クリームはんだ全国買い取り 電子機器製造工場に喜ばれる理由 主な買取商材
ブログの応援をお願いします!
クリックしていただくとポイントが加算されてランキング順位が上がります。
多くの方に弊社のブログを知っていただきたいので下のボタンをクリックしてください!

にほんブログ村 環境ブログ 廃棄物・リサイクルへ
にほんブログ村

Page Top