真鍮について

9月8日(金)おはようございます。ベーシック業務部の夏目です。

 

今回は、真鍮についてです。

 

真鍮(シンチュウ)は、Cu・亜鉛Znの合金で、黄銅ともいう。

亜鉛20%以下のものは丹銅(赤みが強い)といい,それ以上を真鍮という。

 

亜鉛の量が増すにつれて,黄赤色から黄色へと色が変わる。

ちなみに、5円硬貨の材料に使われています。

 

削ってみると⇒黄色

各種金具や仏具、金箔の代用や金管楽器などに使用されます。

 

見た目では、砲金や金と区別がつきにくいものです。

考えるより、まずは、BASICに相談して下さい。

 


メールフォームへ

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

はんだ・クリームはんだ全国買い取り 電子機器製造工場に喜ばれる理由 主な買取商材
ブログの応援をお願いします!
クリックしていただくとポイントが加算されてランキング順位が上がります。
多くの方に弊社のブログを知っていただきたいので下のボタンをクリックしてください!

にほんブログ村 環境ブログ 廃棄物・リサイクルへ
にほんブログ村

Page Top