富士山の世界遺産登録について

 

おはようございます。営業担当・山下です。

先日ニュースで富士山が世界遺産に登録される事で、入山料を徴収する是非について議論がされている、

と放映されていました。地元に活気も出る一方で、観光客が急増し自然破壊を招くなど問題もあるようです。

新聞では、国内初の世界自然遺産に登録された屋久島の例が紹介されていました。それによると、

島に訪れる人は登録前から5割増しになり、大型連休や夏場は1日千人を超え登山道に人があふれ、

植物は踏み荒らされ縄文杉の樹皮をはいで持ち帰る人もいたそうです。地元自治体は、混雑の緩和を図るため観光客

を制限する条例案を町議会に提出しましたが、観光への打撃が大きいとのことで全会一致で否決されたそうです。

また、環境保全に必要な経費を観光客に負担してもらう入島税が話し合われていますが徴収方法や金額

がまとまらず導入のめどは立っていないそうです。前町長は、”ルールなくして観光と自然保護の両立はあり得な

い”と仰ったそうですが、まさにその通りだと思います。

富士山は静岡県民にとっても”誇り”ですので、後世にできるだけ今のままで遺せるように

してもらいたいと思います。(記事:6月18日 中日新聞)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


メールフォームへ

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

はんだ・クリームはんだ全国買い取り 電子機器製造工場に喜ばれる理由 主な買取商材
ブログの応援をお願いします!
クリックしていただくとポイントが加算されてランキング順位が上がります。
多くの方に弊社のブログを知っていただきたいので下のボタンをクリックしてください!

にほんブログ村 環境ブログ 廃棄物・リサイクルへ
にほんブログ村

Page Top