電子機器製造工場のリサイクル・新電力販売

電子機器製造工場のリサイクル・新電力販売

脱炭素経営ブログ

車部品大手 急ぐ脱炭素

本日の新聞記事です。

自動車部品メーカーの脱炭素対応がまとめられていました。

ヨロズ
➀2024年までに全国内工場で再生可能エネルギーを導入
➁2040年に事業活動で排出するCO2をゼロにする

アイシン
➀2030年の生産時のCO2排出量を2013年度比で5割減らす
➁今後10年で1100送縁を投入し、AIなどで生産を効率化する

デンソー
➀CO2の回収と再利用の実用化を進め、2035年に工場から出すCO2をゼロにする

中日新聞より

急ぐ理由は、欧州と取引できなくなる危機感からとの事です。

2006年、RoHS (特定有害物質使用制限指令)がEUで制定され、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB (ポリ臭化ビフェニル)、およびPBDE (ポリ臭化ジフェニルエーテル)を電気および電子機器に使用することを制限されました。その当時、基板に使われるはんだが、鉛フリーへ一気に変更されたことを思い出しました。

脱炭素まっしぐらですね。

企業様で、CO2フリー電気に興味がある方は、問い合わせフォームよりご連絡ください。CO2フリー電気に切り替えると、電気料金のコストがいくらになるか無料で試算(全国対応※沖縄を除く)致します。
弊社も脱炭素に取り組んでおります。弊社の経験より、CO2排出0への計画マニュアルを作りました。見積り依頼を頂いた企業様に、脱炭素経営マニュアル(計画マニュアル)を無料でお渡し致します。

お電話でお問合せの方はこちら

0538-31-6272